2007年09月06日

Milano RASPBERRY

milano_r.jpg

PEPPERIDGE FARM の人気クッキー、Milano のラズベリーです。

milano_r2.jpg

クッキーの間にチョコとラズベリークリームが挟んであって中々美味しい。
でも、ラズベリーとかオレンジとチョコの組み合わせって好き嫌いが分かれそうですね。
うちでも、上の子はチョコだけの方が良いみたいです。


Thanks! ありがとう♪
↑応援クリック有難う♪ m(_ _)m

-------------------------------------------------------------------
posted by mai at 07:20 | Comment(8) | TrackBack(0) | クッキー | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

CHOCOLATE CARAMEL TARTLET

chocolatecarameltartlet.jpg

トレーダージョーで買ったお菓子です。
お値段安い割りに(確か1ドルちょっとだったと思う)美味しそうだったので、買ってしまいました。
フランスのお菓子かな?

chocolatecarameltartlet2.jpg

ちゃんと1個ずつ袋に入っているので、お客様用のお茶菓子としても中々良いかも?
チョコとキャラメルのタルトなので、ちょっとカロリーが気になりますが。(笑)

chocolatecarameltartlet3.jpg

これ、先日トレーダージョーに行った時にはもう売ってませんでした。
もう入らないのかなぁ???
もう1つ買って置けばよかった。(笑)

Thanks! ありがとう♪
↑更新の励みになってます。応援クリック有難う♪ m(_ _)m
posted by mai at 13:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | クッキー | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

Ramune

日系スーパーで買ったサンガリアのラムネです。

ramune1.jpg

今はビンの口のところがプラスチックになっていますが、その昔、銭湯やお祭りで買ったラムネは全体がガラスのビンでした。
ビンの色も薄い水色でしたね。

最近のは、ちゃんと1本ずつに栓抜きというかオープナーが付いているので、買って帰っても家で空ける事ができますよね。
そこでふと気になったんですが、こんな風に1本ずつ栓抜きが付いていなかった頃はどうだったんでしょう?

家にラムネの栓抜きがある家ってそんなにあるはずもないから、その場で開けて貰って飲むだけだったのかなぁ?
あ、ウチは普通の栓抜きと同様、ラムネの栓抜きもある家だったので、家でラムネを開けて飲んでましたけど…。(笑)

ラムネって、スプライトやセブンアップなどとはちょっと違った懐かしい味で美味しいです。
炭酸がちょっときつい気もしますが…。

アメリカ人にはどうかな?と思って、遊びに来てた娘の友達にも出してあげたら、彼女もかなり気に入ったらしく、娘にどこで買ったのか聞いてたらしいです。

ramune3.jpg

ビンの口がこんな風にプラスチックだと、つい取り外してビー玉を取り出せそうな気がしますが、そんなに簡単に取り出せたらやはり誤飲の危険があるから、そう簡単にはフタが開かないようになってるようです。

ビンに、「けがをする危険性があるので無理にビー玉を取り出そうとしないように」と英語で注意書きがありました。
でも、コレ、字が小さすぎるような…。
私も子供に言われるまで気づかなかったし。(私だけ?)

日本のサンガリアのHPには、ビンをリサイクルできるように栓抜きでプラスティックのフタが開けられるとありました。
それを見たら、フタを開けてみたくなりまして、似たタイプの栓抜きで挑戦してみましたが、栓抜きが違うとやはり無理なのか、開けられませんでした。
もうちょっと頑張れば開いたかもしれないけど、怪我しそうな感じだったんで、適当なところで止めてしまったんですけどね。

アメリカはリサイクルの分別が大雑把なので、そこまでして開ける必要はないのかもしれません。
それより、怪我して訴えられる可能性が高そうです。(苦笑)

Thanks!  ありがとう♪
↑みなさまの応援クリックが更新の励みになっています。ありがとう♪

----------------------------------------------------------------
posted by mai at 05:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドリンク | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。